So-net無料ブログ作成

Music Review 010「夜空ノムコウ」(SMAP) [日記]

私たちの世代は、学生時代を通じて、ある意味信じられるものがありませんでした。

私たちの青春時代は、信じたことすべてが壊れかけ、終わりかけ、そして何かが始まろうとしていました。

その混乱と終末の時代は、あいまいなまま未来に向かおうとしました。

多少の明るい期待がありましたが、それも信じうる確かなものでもありませんでした。

そして駆けるように時だけが経ち、今私たちの世代はまたもやあいまいな未来にたどり着いてしまいました。

世相が語るこの灰色の時代にどれほど確信しうるものがあるのでしょうか。

「つまらない常識など、、、」

「あの頃の未来に、、、」

「全てが思うほど、、、」

確かに無力感におそわれ、そう感じるときもありますが、人生に遅すぎるということはありません。

やはり自分を信じ続けて行動すること、明日はそのために待っているのだと思います。

この歌はあいまいさを抱えてしまった私たちの世代にもしっくりきます。

自分を再び確かめるという意味で。

夜空ノムコウ(ユーチューブ)

はっこう
nice!(42)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

はっこうの「詠み人知らずシリーズ 23」 終わりの 始まりは ・・・ [日記]

終わりの

始まりは

得てして

真実へ

近づきつつあつ

という意味でもある

(詠み人知らず)
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感