So-net無料ブログ作成

Music Review 023「なごり雪」(イルカ) [日記]

「雪」の出てくる歌はどれも切ないですね。

「なごり雪」も何とも切ない男ごころを歌っています。

「雪」の後は待ち遠しい「春」がやって来ます。

「春が来て君はきれいになった 去年よりずっと、、、」

「春」は木々が萌えはじめる季節ですが、少女が大人へと変わっていくようすと重ね合わせています。

「春」の次に来るのは「夏」と「秋」。

そしてまた次の「春」がやって来ます。

そんな「君」はどのように成長してさらにきれいになっていくのだろうか、とふと想いふけってしまいます。

この歌も二十歳の頃に大ヒットしました。

伊勢正三の作詞・作曲ですが、自身が歌う「なごり雪」も別な意味でいいですね。

ところで横浜で初めて見た「雪」は電車を止めて、すぐに消えました。

北海道生まれ、北海道育ちの私は、あっけない「雪」にふぜいを感じるひまもありませんでした。

イルカ なごり雪(ユーチューブ)

はっこう


「ハラスメント行為等の規制等に関する法律」(素案)のご署名をお願いします。
nice!(48)  コメント(0) 

横浜市立大学名誉教授 理学博士 都筑卓司氏のエッセンス(4) [日記]

横浜市立大学 名誉教授 (亡)都筑卓司(恩師)

物理学

物理学とは、机に向かって、ねじりはち巻で学ぶものでもないし、諸法則を機械的に暗記すればよいというものでもありません。四季こもごもの情緒とか、身近な事物などの中から、知らず知らずのうちに体得すべきものなのです。もともと物理学というのは、そういうところからスタートしているのです。(「物理法則集」ブルーバックス 1974年5月発刊)
「ハラスメント行為等の規制等に関する法律」(素案)のご署名をお願いします。
nice!(8)  コメント(0)