So-net無料ブログ作成

はっこうの「詠み人知らずシリーズ 」 哀しみに 暮れてばかり ・・・ [日記]

哀しみに

暮れてばかり

ではいけない

大事なことは

それを

怒りに

変えることだ

(詠み人知らず)
nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

横浜市立大学名誉教授 理学博士 都筑卓司氏のエッセンス(6) [日記]

横浜市立大学 名誉教授 (亡)都筑卓司(恩師)



 しかし一般に、人間の「心情」というものは、必ずしも科学的な(言葉を変えていえば合理的な)ものだけではないのが事実のようだ。夜空に輝く星を見て、あの星は何光年の距離のもの、あちらに見えるのは何々星雲・・・・というような意識とは別に、一方では深夜にまばたく美しい真珠を想像し、貧しい人にも生活の困苦にあえぐ者にもまんべんなく照らす心やさしい自然の働きかけだと感じる心がある。もちろん星を天の宝石だと見る人も、科学のありかたを否定しているわけではない。自然を観察(あるいは観賞)する心のもち方が、各人各様でさまざまだということである。(「超常現象の科学」ブルーバックス 1977年10月発刊)
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

はっこうの「詠み人知らずシリーズ 」 親友は 決して ・・・ [日記]

親友は

決して

裏切らない

とことん

信じあうから

唯一

ギブアンドテイク

の仲ではないから

(詠み人知らず)
nice!(37)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

はっこうの「ナイチンゲール シリーズ」 恐れの心の下では ・・・ [日記]

恐れの心があれば

なんて 

ごくわずかなことしか

できないでしょう

(ナイチンゲール 意訳 はっこう)
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Music Review 031「桜」(コブクロ) [日記]

久々に癖のない若者のハーモニィを聞いた気がします。

「名もない花には名前を、、、」

歌詞も出だしから感傷的です。

ゆっくりと桜の花びらが舞うようすを思い描いてみると、傷つきやすい現代の若者たちのデリカシーも少し分かったような気がします。

実はTV番組の主題歌であることさえも知りませんでした。

「コブクロ」という名前にも違和感を感じていましたが、その意味を知って納得しました。

何事もシンプルにとらえられなくなってきた世代になってしまいましたが、この曲は素直に聞けます。

まだ感性は大丈夫そうです。

今の若者と異なるのはとりまく社会のありようと情報量の差だけです。

感じ方は昔とそれほど変わってはいないと思います。

そういう意味ではこの歌を聞いて何かホッとしました。

素敵なハーモニィをありがとう。

コブクロ/桜(ユーチューブ)

はっこう
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

はっこうの「詠み人知らずシリーズ 」 本当の 罪人とは ・・・ [日記]

本当の

罪人とは

愛に

背くものを

さす。

その者は

いづれ

裁かれる

(詠み人知らず)
nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

はっこうの「ナイチンゲール シリーズ」 私が成功したのは ・・・ [日記]

私が成功したのは

決して弁解したり

何の言い訳も

しなかったからである

(ナイチンゲール 意訳 はっこう)
nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Music Review 030「Rock And Roll Music」(The Beach Boys) [日記]

私がこの曲を聴いたのはガキの頃です。

ノレる曲なのですが、悲しくもオホーツク生まれの私には「ビーチ」とは何なのかが分かりませんでした。

地球上の寒いちっぽけな北の町に生まれた私は「ビーチ」について何も知らぬまま大人になりました。

ウエストコーストというもの自体が意味不明なのでした。

こんな明るい楽園のような世界がはたしてあるのだろうかと半信半疑だったのは本当です。

もちろん大人になってやっと少し分かったような気がしましたが、それを実感したのはおよそ20数年前くらいに、実際にロスの地をふみ、あの青い空を見上げたときでした。

空は高く、高く、高く透きとおっていました。

違う世界を知りました。

実感してこそイメージは自分のものとなります。

所詮人間は井の中の蛙だと思いました。

何でも行ってみるものです。

何でも見てみるものです。

多くを旅することの可能なこの時代を幸せに思います。

Rock and Roll Music- The Beach Boys(ユーチューブ)

はっこう
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

はっこうの「詠み人知らずシリーズ 」 何事も 挑む ・・・ [日記]

何事も

挑む

ことを

忘れてはならない

そうしなければ

何も

得られない

これは

生きるための

原則です。

(詠み人知らず)
nice!(36)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Music Review 029「恋のバカンス」(ザ・ピーナッツ) [日記]

私たちの世代の女性デュオはザ・ピーナッツかこまどり姉妹でした。

ああ、何と懐かしいことでしょう。

もちろんザ・ピーナッツはTVの黎明期に、歌だけでなくコントなどでも活躍しましたね。

幅広い芸風でした。

私たちの世代のお姉さま的存在でした。

バカンスという開放的なイメージのこの曲がポピュラーでしょうが、他にも名曲はたくさんあります。

2人のデュオは演歌のこまどり姉妹とは対照的であり、欧米風な雰囲気とその大衆性が広く受け入れられました。

私はもちろん

「モスラ~よ、モスラ~」

の大ファンでもあります。

ザ・ピーナッツのこの歌で「モスラ」は最後の力をふりしぼります。

子ども心に感動し、一緒に応援したのを今でも覚えています。

怪獣映画の全盛期に「モスラ」に出演したザ・ピーナッツは忘れられません。

ザ・ピーナッツ「恋のバカンス」(ユーチューブ)

はっこう
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感