So-net無料ブログ作成

本人訴訟のノウハウ。。。裁判官がどちらに味方するか。。。それで決まる [日記]

私は本人訴訟で民事裁判をおこしました。

悪い奴を懲らしめるためです。

本人訴訟を望みたい方々へ、やってきた事を書きます。

また裁判所には書式のテンプレ―が用意されており、ネットでダウンロードできます。

法律関係のサイトに載ってもいます。

分からなければ当該裁判所に問い合わせるか、赴き、聞きます。

まず、告訴状は、言いたいことを、具体的に、箇条書きに、時系列的に、いつ、どこで、誰が、など詳細に書きます。

例えば最初に

1 被告は原告の〇〇です。(例)

1 被告は原告が務めている会社の〇〇部の〇長です。(例)

。。。。。。

みたいに言いたいことを、淡々と箇条書きに述べていくのがいいと思います。(そうしたくない人もいるが)

誤字脱字は厳禁です。

あとは証拠証ですね。

訴状の中でで述べたとおりにに、「甲第1号証」「甲第2号証」。。。と作っていききます。

書式ついては、簡易裁判所であれ、地方裁判所であれ、窓口に行くか、電話してみます。

書式ついて間違いがあれば指摘してくれます。

そうして訴状が完成し、問題なければ裁判所が受理してくれます。

簡易裁判所であれ地方裁判所であれ、おおよそコンビニがあり、コピーもできるし、印紙、切手も買えます。

裁判費用は、被告に対する金額が100万円要求で約15000円程度です。

全部、弁護士に頼むと高いです。(当たり前です)

さて裁判所が受理してくれたら、後に第一回裁判の期日の連絡が郵送されてきます。

被告は最初に「答弁書」を出してきます。

訴状に対する反論です。

以後はは準備書面で互いに反論しあいます。

準備書面だけでなく、証人申請書、陳述書、証拠申立書、、、などがあります。

証言も陳述書で提出できます。

新たな証拠も陳述書で提出できます。

書式が分からない時には当該裁判所に問い合わせるか、無料法律相談電話、無料弁護士相談など(自治体によって異なります)で聞きます。 

準備書面も、陳述書なども早め(10日前から1週間前くらい前)に裁判所に出しましょう。

裁判官は忙しいので、早く出すときちんと読んでくれる可能性が高いです。

分からないことあれば、裁判所の書記官に電話し、事件番号を言い、聞きましょう。

例えば、「証人が書面で証言したいんですが、書式は何でしょう」などです。

私は、前日に必ず裁判の開始時間を、書記官に電話し確認します。

というのも次回の裁判の期日、時間は裁判官が原告、被告と相談し、その場で言い渡されます。

頼れるのは自分のメモしかありません。

まあ、こんな感じで準備書面で互いに論戦します。

裁判終了前に、大事なことあれば裁判長に短く質問できます。

また逆に裁判中に裁判官に聞かれることもあります。

そういう時は、裁判官と被告代理人への視線をそらさず、大きな声で堂々と述べまでょう。

また、服装ですが自由です。

私はステテコ、ジャージ、Gパンなどで出廷しました。

もちろん弁護士はスーツです。(裁判官心証と慣習によるもの)

証人尋問がある場合があります。

その時にはスーツで行きます。

傍聴の方々に失礼になりますから。

最後に皆さんにお伝えしたいと思います。

「本人訴訟」にとっては「ネット」が必須です。

私のほとんどのノウハウは「ネット」です。

「ネット」と「無料弁護士相談電話」と「裁判所の受付窓口」あれば十分です。

さらに訴訟が認められず敗訴、又は満足できない判決になったとしても「控訴」できます。

「控訴」は「控訴状」と「控訴理由書」だけでできます。

大丈夫です。

裁判は三審制です。

控訴2回できます(笑)

そうだとしても裁判費用は安いのです。本人訴訟ですから。

被告は、その度に訴訟代理人にまた高いお金を払います(笑)

そうして最後に言います。

法廷に真実はありません。(本人しか知らないから。嘘ついたりしますから)

裁判官が弁護士のほうばかり忖度するといった噂があります。

裁判官の心証(これが一番怪しい)で判決は決まります。

さらに「刑事告訴」はお金かかりません(笑)

刑法が分かるようになればどんどん地方検察庁に対し「刑事告訴」すればいい。

裁判はこんな感じです。

はっこう
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。